頬のニキビ

頬のニキビ

頬は肌の柔らかい部分です。
ですから、痛みを伴うニキビができやすく、できてしまったにきびも炎症し、悪化してしまうことも多いですね。
頬のニキビは男性ニキビの影響が大きいと言われています。
思春期の男の子にできやすい頬にきびは、思春期の女の子にもちろんできますし、
大人になってからもできることがあります。
頬のニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れが大きいので、
思春期のころや、女性の生理前などにできやすくなりますが、
生活習慣を見直したり、食生活に気をつけることでずいぶん改善できます。
頬のニキビには、ビタミンCがよく効きます。
正しい洗顔、保湿、そして、十分な睡眠をとり、食事の際には栄養のバランスの良い献立にすることが大切です。
そして、ビタミンCを補ってみてください。
野菜やフルーツから補うのもよいですが、サプリメントやビタミンC配合のスキンケアアイテムを利用するのも良いですね。
頬のニキビは肌が柔らかい部分のニキビなので、ニキビ跡になりやすく、
色素沈着も起こしやすくなりますし、肌がでこぼこしてしまったりすることもあります。
重症化してニキビ跡を作ってしまうことがないように、
ニキビのできはじめ、初期段階でのケアをしていくことが大切です。

紫外線や汗、タオルの接触による肌のこすれ・・・など、
いろいろな刺激も頬のニキビの原因になります。
頬のニキビができないように努力することも大切ですが、
できてしまったときには、タオルでこすったり、爪や指で触ったりしないように気をつけ、
悪化させないように心がけましょう。